中古車選びのポイント 2018-11-28T17:36:30+00:00
中古車選びのポイント
中古車選びは販売店選びです。

「中古車選びはは販売店選び」といっても過言ではありません。中古車は新車と違い、前オーナーの乗り方ひとつで状態が変わってきます。
エンジンの回り方やボディの歪み、内外装のキズの度合いなど…よほど車両に精通した人でもないかぎり、車両の履歴、整備状態は分からないからです。また、保証やアフターサービスもお店によってさまざまです。

GC相浦のモットーは「誠実」。お客様が乗って困るような車を扱うことがないのはもちろん、ていねいに整備をし、車両状態を明確に表示して、お客様の求めているクルマを提供するよう努めています。

中古車選びのポイント

(1)予算と目的をはっきりと
中古車の魅力はなんといっても『安さ』。同じ予算なら上級グレードを買うことができます。しかし人気車種の人気色の価格相場は高めになります。
「好きな車を安く買いたい」のか「とにかく安く車を買いたい」のか決めておきましょう。また購入代金だけでなく諸費用もかかることを念頭に置いて、予算上限の7~8割で選ぶといいでしょう。

(2)走行距離は価格の目安
業界では、走行3万kmと5万kmを大きな節目としてとらえています。最近の国産車は5万km程度ではまだまだ快適ですが、マイナートラブルが出やすいことも頭に入れておきましょう。
もちろん走行距離が少なくても、乱暴に乗っていたり、整備をしていなかったら後々のトラブルになります。お店のスタッフに聞いてちゃんとチェックしましょう。

(3)保証がしっかりしているかチェック
新車から3年未満ならメーカー保証が付いていますが、そうでない場合は販売店独自の保証となります。安心して車に乗るためには、保証のない車はおすすめしません。

(4)トラブルにもきちんと対応するお店ですか
「自動車公正取引協議会(公取協)」や「日本中古自動車販売協会連合会(中販連)」に加盟しているお店であれば、なにかトラブルがあっても相談できるので安心です。

トラブルを防ぐ中古車チェックポイント

中古車は前オーナーの使い方次第で、1台1台状態が異なります。そのため実際に車を見てチェックすることが必要です。
GC相浦は厳しいチェックを行った上で店頭に展示していますが、ご自身で納得いただくためにも見て、さわってチェックして、気になるところはどんどん質問しましょう。

外観

キズ・へこみなど外回りのチェック
外観のチェックは晴れた日に行いましょう。暗いとキズを見落としたり、塗装の状態をチェックできないことも。
また開閉できる部分は必ず開け閉めしてみましょう。そのほかウィンドウのキズ、ライトのヒビなどは見落としがちなどで必ずチェック。

内装

内装・スイッチを実際にさわって確かめる
タバコの焦げ付きや臭いをチェック。
実際にシートに座って、ライトやエアコンのスイッチ類はもちろん、シートもスムーズに動くか確認してみましょう。

備品

意外と忘れがちなのが重要な付属品のチェック。
点検整備記録簿やスペアキー、スペアタイヤ、取扱説明書や工具類などきちんとチェック。

エンジンルーム

ボンネットを開けて、極端に汚れてないか油汚れがないか見てみましょう。
そのほか異音や異臭がないか、エンジンがかかりにくくないかチェック。

試乗

前進するのにギクシャクする、アクセルやブレーキが妙にひっかかるなど気になる点がないかチェックしましょう。

知っておきたいお金のこと

車を購入する場合、車両の本体価格以外にもお金がかかります。別途必要になるお金のことをまとめて「諸費用」といいます。
諸費用には「法定費用」と呼ばれる税金や保険料、リサイクル料に加え、「代行費用」と呼ばれる登録にかかる費用や車庫証明をとる費用などが含まれます。
代行費用は自分で行えば無料で済みますが、書類の準備や登録申請に行く手間などを考えるとお店に任せた方が一番です。
これらの費用は見積書にきちんと記載されていますので、見積書をもらったらきちんと確認し、それぞれどういう意味があるのか理解しましょう。
ちなみに諸費用は簡単に以下のようなものがあります。

法定費用
自動車税 排気量に応じて課税される税金。小さな車ほど安いです。
自動車重量税 車の重量に応じて課税される税金。小さな車ほど安いです。
自動車取得税 車の取得に対して課税される税金。税額は取得価格の5%。(軽自動車は3%)
ただし取得金額が50万円以下なら非課税です。
自賠責保険料 車を所有する際に必ず加入しなければならない保険料。
車検時に次回車検までの保険料を支払います。
消費税
法定預かり費用 各種申請時に必要な印紙代。
自動車リサイクル料金 自動車を廃車する際に必要な料金。廃車する際に発生する費用です。
代行活動費用
登録代行費用 運輸支局で車の名義人登録を代行してもらう費用。
納車・準備費用 洗車、清掃、ワックスがけ等の費用です。
納車費用 自宅まで車を納車してもらう際に必要な費用。自分で店舗まで行けば不要です。
車庫証明代行費用 車庫証明申請手続きのための費用です。自分で行えば実費のみで可能です。
整備費用 納車前に行われる点検整備の費用。
必ずご希望の車を探して提案いたします。

GC相浦へお越しになったら事務所をお訪ね下さい。営業スタッフがご案内致します。
もちろん、ご自分だけでじっくりご覧いただいても結構です。「ワゴンタイプが欲しい」「小回りが利く車が良い」「荷物をたくさん運べる車が良い」などの希 望がありましたら、どんどん営業スタッフにお申し付けください。営業スタッフは全員、車に関する知識が豊富ですので必ずお客様のご希望に合った提案をいたします。
また車種や色などお目当ての車があれば、オークションでお探しいたします。気軽にお申し付けください。

お問い合わせ